WordPressのPタグ挿入を削除する方法

WordPressは普通にブログ形式で文章を書いていく時に改行を判断してPタグを挿入してくれます。

すごく便利な機能なのですが、デザインをカスタマイズして固定ページでHTMLを書いたりする時に勝手にPタグが入るのはあまり嬉しくありません。

今回はそんな便利だけど時々邪魔なPタグの削除方法です。

Pタグを消す方法

Pタグを消すには functions.php に下記のコードを追加します。

‘the_excerpt’や’the_content’が固定ページや投稿の時に内容を出力してくれる部分になっていて、そこから自動でPタグを挿入する機能を排除するという指示になります。

これで固定ページや投稿でPタグが自動で入ることがなくなります。

投稿のみ自動Pタグを挿入する方法

先ほどのやり方だと投稿で普通にブログを書く時にもPタグが消えてしまうので、これでは不便です。

ですので、固定ページの時だけPタグの自動挿入をやめて、投稿時は通常通りに自動でPタグが入るようにする方法です。

先ほどの functions.php に追加した2行の下に下記のコードを追加します。

これで固定ページではない時で’the_content’で出力している投稿などの時はPタグが自動で挿入されるようになります。