SEOを意識したWordPressの見出しタグの設定方法

ホームページを作る上で、SEO対策は最低限やっておきたい部分になります。

その中でも大切な要素の一つである見出しタグについて。

XHTMLではそのページの一番重要な見出しにあたるH1タグはページ内に1つだけというルールになっていましたが、HTML5になってからは、ページ内に複数あることが認められています。

複数あっても良いと言われても、H1タグがそのページを表す重要な要素の一つであることには変わりがないので、複数あると、何が重要なのかよくわからなくなりそうなので、1つにしておいた方が安全ではないかなと思っています。

H1タグが1つあり、その下に、H2、そしてH3が順番に並ぶような構造がシンプルで分かりやすい作りでしょう。

そして、それらのHタグをヘッダーに置くのか、サイドに置くのか、メインに置くのか、フッターに置くのかですが、どこに置いても間違いではないのですが、ヘッダー・サイド・フッターは全ページ共通であることが多いので、そこよりも各ページのメインの部分に見出しタグを設置するのが望ましいでしょう。

TwentyFifteenテーマの見出しタグの見直し

TwentyFifteenテーマの場合、サイト名の部分にH1タグがありますが、個別ページやカテゴリページになると、個々のタイトル部分にH1タグが指定されているので、このままで問題ありません。

気になる部分としては、サイドにあるウィジェットのタイトル部分にH2タグが指定されていることです。

ここは共通で表示する部分なので、見出しタグを使いたくありません。

修正するには、functions.php の以下の部分を見直します。

この「h2」の部分を「div」などに置き換えることで、ウィジェットの見出しタグをなくすことができます。