WordPressのサイト内検索で入力されたキーワードをGoogleAnalyticsで確認する

サイトの改善を行う際に、検索エンジンからの流入の場合、どのようなキーワードで到達したかが重要な情報の一つになりますが、サイトを見てくれた人がサイト内検索でどのようなキーワードを入力したかも、とても重要な情報になります。

入力したキーワードを収集するには、プラグインを使う方法もありますが、サイトの分析にGoogleAnalyticsを使っていると思うので、そちらにまとめた方が、解析がしやすいので、そちらのやり方を紹介します。

GoogleAnalyticsの設定

まずは、Analyticsの管理画面で、「アナリティクス設定」を選択します。

そして、該当サイトの「ビュー」の「ビュー設定」を選択します。

そのページの一番下に「サイト内検索のトラッキング」があるので、それを「オン」に変更します。

そして、表示された「クエリ パラメータ」に「s」を入力し、「URL からクエリ パラメータを削除」にチェックを入れて保存します。

以上で設定は終了です。48時間程度経過すれば、データが反映されてきます。

サイト内検索のキーワードの見方

データはAnalyticsの管理画面の「レポート」の「行動 > サイト内検索」で見ることができます。

これでサイトを見てくれた人が何を探しているか把握できますね。