WordPressにInstagramの写真を自動で一覧表示させるならAlpine PhotoTile for Instagram

写真共有サービスのInstagram(インスタグラム)を使っている方が増えてきています。

Instagramで撮影した写真をWordPressに掲載してもっと多くの人に見てもらいましょう。

今回は写真を一覧表示させるために「Alpine PhotoTile for Instagram」というプラグインを利用します。

Alpine PhotoTile for Instagramのインストール

  1. 「プラグイン > 新規追加」の検索機能で、「Alpine PhotoTile for Instagram」を検索し、インストール
  2. インストールしたプラグインを有効化

サイドメニューの「設定」>「AlpineTile: Instagram」をクリックし、上部の「Add Instagram User」をクリックします。

ここの下の方にある「OAuth redirect_url」をこの後のInstagramの設定で使います。

Instagramの設定

まずはInstagram側の設定です。

  1. Instagramの開発者用画面にアクセス
  2. 「Register Your Application」をクリック
  3. 「Register a New Client」をクリック
  4. 以下の内容を記載
    ・「Application Name」:ホームページ名
    ・「Description」:「WordPressのプラグインのAlpine PhotoTile for Instagram用」のように分かりやすい概要をつけておきましょう
    ・「Website」:ホームページのURL
    ・「OAuth redirect_uri」:先ほどの「OAuth redirect_url」
  5. 残りはそのままで「Register」をクリック

登録が完了すると、「Client ID」「Client Secret」などの情報が表示されます。これらの情報をWordPress側で設定していきます。

プラグインの設定

サイドメニューの「設定」>「AlpineTile: Instagram」をクリックし、上部の「Add Instagram User」をクリックします。

「Client ID」「Client Secret」に先ほどのそれぞれのコードを入力して「Add and Authorize New User」をクリックします。

Instagram側の画面に遷移し確認されますので、「Authorize」をクリックして登録完了となります。

WordPressにInstagramを挿入

サイドメニューの「設定」>「AlpineTile: Instagram」をクリックし、上部の「Shortcode Generator」をクリックします。

好きなように設定をして「Generate Shortcode」をするとコードが発行されます。

そのコードを固定ページに貼り付けるとこのようなサンプルページが出来上がります。