WordPressのSEO対策ならAll in One SEO Packプラグインを設定しよう

All in One SEO Packは、その名の通り、SEOに関することを全部やれる便利なプラグインです。

大きく分けて、SEOの重要要素であるメタ情報、ソーシャルメディアでの拡散効果をアップさせるOGP、検索エンジンにサイトの更新情報を伝えるサイトマップの3つの項目が設定できます。

メタ情報の設定方法

ほとんど初期状態で問題ないのですが、一部変更した方がいい部分のみ紹介しておきます。
設定するページは、「All in One SEO > General Settings」になります。

Home Page Settingsの設定

トップページのタイトルタグとメタタグを設定するには、「Home Page Settings」の「ホームタイトル」に入力した内容がタイトルタグに設定され、「ホーム詳細(Description)」に入力した内容がディスクリプションタグに設定されます。

Noindex Settingsの設定

どのページをNoindexにするかの設定ができる部分で、「Noindex Settings」の「タグをnoindexにする」「Use noindex for the Search page」「Use noindex for paginated pages/posts」にチェックを入れます。
それぞれ、タグページ、検索結果ページ、記事や固定ページの次ページ以降のページが該当するページになります。

このあたりは、それぞれのサイトの方針で決めるのがいいでしょう。

OGP情報の設定方法

OGPの設定ですが、「All in One SEO > Feature Manager」の「Social Meta」をクリックします。
そうすると、左のメニュー部分に先ほどまで表示されていなかった、「Social Meta」が表示されます。

こちらもほとんど初期状態のままで問題ありません。

サイトマップの設定方法

サイトマップもOGPと同様で、「All in One SEO > Feature Manager」の「XML Sitemap」をクリックします。
そうすると、左のメニュー部分に先ほどまで表示されていなかった、「XML Sitemap」が表示されます。

XML Sitemapの基本設定

まず、「XML Sitemap」の「Notify Google」と「Notify Bing」にチェックを入れます。
これは、それぞれ、GoogleとBingに内容を更新した際に通知する機能になります。

それから、「Post Types」と「Taxonomies」は「投稿」「固定ページ」「カテゴリー」だけにチェックがあればいいですが、サイトによって方針を決めればいいかと思います。

サイトマップをGoogleウェブマスターツールで送信

上記の設定ができたら、http://example.com/sitemap.xml を呼び出してみると、サイトマップが作られていることが確認できます。

これをGoogleウェブマスターツールに登録しておけば、Googleのインデックスがされやすくなるので、必ず設定しておきましょう。