WordPressでユーザー権限を設定するならAdminimizeプラグイン

WordPressには標準で、ユーザーの権限機能がついています。

権限は、「購読者」「寄稿者」「投稿者」「編集者」「管理者」の5つがあります。
「購読者」が一番権限がなく、「管理者」が一番権限を持っているユーザーになります。

ユーザー権限の違い

購読者

ログインするだけで、何もできないユーザーです。

寄稿者

レビュー待ちの投稿ができるユーザーです。

投稿者

通常の投稿ができるユーザーです。

編集者

寄稿者が投稿したレビュー待ちを投稿したり、他の投稿者の投稿を編集できるユーザーです。

管理者

全てを扱えるユーザーです。

このような権限分けで事足りる場合は、この標準の権限機能を使いますが、もっと細かい権限管理をしたい場合は、「Adminimize」というプラグインがオススメです。

Adminimizeプラグイン

Adminimizeプラグインの設定方法

プラグインをインストールして有効化すると、左メニューの「設定 > Adminimize」が追加されます。

そのページの各項目にチェックを入れることで、該当権限の時に表示されなくなります。

設定内容が細かすぎて少しわかりづらいですが、細かな権限管理をしたい時には使いたいプラグインですね。